新築の時から考える

新築の段階からはじめるリフォーム工事の備え

たとえ新築一戸建てを購入したとしても、その段階からすでに住宅のリフォーム工事のことは意識しておいたほうがいいでしょう。 新築の時は快適に暮らせるものですが、その時期だからこそ今後必要になるリフォームの資金を備えるための期間にすることができます。 中でも住まいの外側となる外壁や屋根といったところは特に強烈な日差しであったり、風雨の影響を強く受けます。 そのために住まいの中でも特に傷みやすい箇所といえます。 それほど外壁の色合いがくすんでいないようにおもえても、すでに表面の塗装がかなりはがれ始めていることもあります。 あまり大がかりになる前に外壁塗装を塗り替えるようにしたいものです。 思い切って早めに外壁塗装をすることで、大きな工事にならないので、工事費用も少なめで済ませることができます。

外壁塗装で住まいを長く維持できるようにする

外壁塗装で難しいのは、どのような色に塗り替えるかです。 周囲の住まいと比べてあまり飛びぬけて明るい色は調和を乱しかねません。 だからといってせっかくの外壁塗装ですから、あまり落ち着いた色合いというのも避けたほうがいいかもしれません。 なかなか色見本だけで住まい全体がどのように様変わりするかのイメージを描くのは難しいかもしれません。 工務店の経験を信用しながら周囲の住まいとのバランスにも配慮をした色合いを選ぶようにすると大きな失敗をすることはないでしょう。 外壁塗装を無事に済ませると、住まいの外側は新築のようにとても立派な見栄えになります。 外壁塗装によって住まいが明るく生まれ変わるので、とても気分も晴れやかなものとなります。 住まいを長く維持するためにも思い切って外壁塗装をするようにしたいものです。