木材のリサイクル

木材をリサイクルする

伐採とは簡単に言うと、樹木を根元から切る事を言います。理由も様々で、生活する上で支障となるような木を切る事や造成をする為に伐採する事等が挙げられます。伐採された木は焼却処分されます。しかし、近年は、木のリサイクル化が進んでいます。木は二度生きると言われています。一度目は植物として。二度目は木材として活用されています。木材の用途は様々です。木造住宅の材料としても使用されます。また、木材を細かくして再利用する木材チップです。木材チップはパーティクルボードとも呼ばれ、家具や家電製品、建築材等の一部として使用されています。もう一つのリサイクル木材としてペレットが挙げられます。ペレットは端材や樹皮を粉砕し、固められた小さな薪です。ペレットはストーブ等の暖房器具に使用されます。 このように、伐採木はリサイクルされ、多くの分野で活躍しています。

伐採の専門業者は林業である

森林等に植栽されている幹の太い樹木は、一般の方では伐採できません。このような樹木の伐採は、林業に属する技術士が行います。林業と言うのは、森林を育成維持し、それを経済的に利用する産業を言います。日本の森林の多くはこの林業技士によって育成維持が行われています。 伐採する際には多くの知識と技術が必要とされます。林業の技術知識はもちろんの事、大型機械やチェーンソー等の知識も必要です。国の労働安全衛生法にも、伐採を行う者はチェーンソー等の特別教育を受講した者を常時させる事が義務づけられています。 チェーンソーの特別教育では、樹木の切り方から木を倒す方向等、林業を行う者には必ず必要となってくる基本的な知識を習得する事ができるのです。 このように伐採を行う業者には、豊富な知識と技術が必要とされています。